占勝閣とは三菱長崎造船所内にある木造建ての洋館です。

第二代長崎造船所所長の邸宅として明治37(1904)年に建てられましたが、所長宅としてではなく、大事な客人をもてなすための迎賓館として使われました。

現在もほぼ建設当時の美しい姿のままで、推進式・引渡式の祝賀会、貴賓の接待などに使われています。

建物は2階建てで、1階には食堂・応接室・斎、2階には寝室、ホール、地下には厨房が設けられているようです。

調度類は当時の最高級英国製品を輸入し揃えたそうで。

残念なのは、三菱長崎造船所内にあるため、一般公開されていないということ。

社員でさえも、定年のときに一回だけ見られるらしいです。

<詳細>
URL:http://www.nagasaki-heritage.com/heritages/sensyokaku/

Comments are closed.

Post Navigation