江戸時代、遊女屋が茶屋を設けていた所で、茶室や休憩所として親しまれていました。

民謡「長崎ぶらぶら節」で ♪ 遊びにいくなら花月か中の茶屋 と唄われるほどの人気ぶり。

場所は思案橋から丸山方面へ向かい、施設料亭「花月」の脇をそぞろ歩くと程なくして見えるのが「中の茶屋」。

今でも趣は変わらず、庭園には凛とした空気が流れ、縁側に座ると、清々しい気持ちになれます。

有料で、茶室・和室も利用でき、大事なお客様をもてなすのにもってこいの場所です。

また、かっぱ絵で知られる漫画家「清水崑」の原画も展示されており、併せて楽しめます。

昭和51年、長崎市の史跡に指定されました。

<詳細>
URL:http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/828000/p023993.html

□お問い合わせ
中の茶屋
長崎市中小島1丁目4-2
TEL:095-827-6890

Comments are closed.

Post Navigation